穀物を食卓の中心に。豆、雑穀、および穀物加工品の販売。
 

こんにちは  ゲストさん

|商品検索


|カート
カートの中を見る

北海道産大豆
大豆
青大豆
黒豆
丹波黒豆
小豆
金時豆
いんげん豆
花豆
えんどう
ささげ
在来種
ひよこ豆
レンズ豆
キドニービーンズ
黒目豆
緑豆
ウラド豆
■ 今月・来月の休業日
赤字の日が休業日となります。
受注確認、商品発送、お問合せ対応はお休みさせて頂きます。




電話でのお問合せ
月曜〜金曜:13:00〜16:00
電話番号:022-385-7617


|メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら  
ホーム > レシピ > 秘伝豆のレシピ > 秘伝豆のポテサラ
豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.89

野菜売場で、北海道産の「シンシア」というジャガイモを売っていました。もう、これだけで秘伝豆レシピは「ポテサラ」に決まりです。私の福岡時代の友人、シンシア・ラスターさんは、ジャッキー・チェンともアクション映画で共演したイケてる女優さん。彼女を思い出しながらレシピを考えたら、ガツンととろけるポテサラができました。枝豆ベーコン風のポテサラ、付け合せだけでなく、オープンサンドにもどうぞ。
秘伝豆のポテサラ
豆を茹でている間にジャガイモも茹でて、豆が茹で上がったらキューブカットのベーコンを炒め‥‥。ベーコンのガツンとした塩味が全体のまとめ役。ポテサラは肉じゃがのようにご家庭ごとの味があるから、一応レシピは載せておりますが、いつもの「我が家の味」に茹でた秘伝豆を加えてください。それだけで、見た目の印象と「身体に良さそう感」がアップしそう。
材料(4〜6人分)

秘伝豆…茹で上がり1カップ
ジャガイモ…中3個(約500g)
ブロックベーコン…70〜80g
塩…小さじ1/4+適量
黒コショウ…適量
マヨネーズ…約50g
E.V.オリーブオイル…小さじ1
レモン汁…お好みで
1

豆は丁寧に水洗いし、たっぷりの水に浸して一晩おく。豆がもどったら、鍋に移し茹でる。最初は強火で、沸騰してアクが浮いてきたらすくいとり、中火に落として30分ほど茹でる。かた過ぎないか確かめて火を止める。

2

じゃがいもは表面をタワシで洗い、皮付きのまま茹でる。品種によるが、40〜50分目処に竹串をさして、スッと入るくらい。途中、水分が蒸発したら湯を足す。

3

ブロックベーコンは1cm角にカットし、フライパンで炒める。塩小さじ1/4と黒コショウ粗挽きを強めに。

4

茹でたじゃがいもは少し冷まして皮をむき、スプーンで粗崩しする。

5

4に湯切りした秘伝豆とベーコンを加え、ざっくりと混ぜる。塩、マヨネーズで調味。

6

仕上げに黒コショウ、オリーブオイルをかけて軽く混ぜる。

ワンポイントアドバイス

マヨネーズの量を減らしたいときは、レモン汁やビネガーを加えて調整してください。
ポテサラは、最後にオリーブオイルを加えるとふわりと風味がアップします。粉チーズをふっても美味しいです。
秘伝豆以外に、あおばた豆や鞍掛豆などの青大豆でも代用できます。
レシピ担当/五木のどか

豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。












最近チェックした商品