穀物を食卓の中心に。豆、雑穀、および穀物加工品の販売。
[ 最終更新日: 2017/04/25 ]

こんにちは  ゲストさん

明細書の廃止につきまして
個人情報保護の観点から、2/18出荷分より納品明細書の発行を原則廃止することにいたしました。
2/18出荷分以降でご希望の方は、ご注文の際に備考欄へ「納品明細書希望」とご記入ください。
何とぞご理解くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
 
|商品検索


|カート
カートの中を見る

北海道産大豆
大豆
青大豆
黒豆
丹波黒豆
小豆
金時豆
いんげん豆
花豆
えんどう
レンズ豆
在来種
ささげ
キドニービーンズ
ひよこ豆
黒目豆
緑豆
■ 今月・来月の休業日
赤字の日が休業日となります。
受注確認、商品発送、お問合せ対応はお休みさせて頂きます。




|メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら  
ホーム > レシピ > スズマルのレシピ > スズマルの炊き込みごはん
豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.101

日本人に馴染みの深い大豆は、ホントいろ〜んな種類があって楽しいですね。この小さな大豆「スズマル」は、小粒納豆に使われることが多い豆だそうです。これまで使ったことがなかったのは、スズマルが雑穀の分類で売られているからでしょう。その小ささが愛らしい薄肌色の大豆です。
スズマルの炊き込みごはん
雑穀と同様にご飯に混ぜてたくときは、1時間以上浸水して使うのが良いそうです。私はお米とは別々に水浸けしました。塩昆布と一緒に炊くことで、昆布だし効果と塩加減が得られ一石二鳥です。昆布から淡く色が出て、炊き上がりがなんとも美味しそう。ほかの大豆よりプリッとした噛みごたえ。鮭やちりめんじゃこなど、お好きな具材を適当に合わせ、変化を楽しんでください。
材料(茶わん4〜5杯分)

スズマル…大さじ2
うるち米…2合
塩こんぶ…4つまみ(7〜8g)
軸みつばや小ネギ、塩鮭など…適量
1

豆を洗って、1時間以上水浸けする。

2

米を洗ってザルにあげ、30分以上おく。

3

炊飯器に2合分の水加減をし、1で水を吸収したスズマルと塩昆布を加える。炊飯器のモード設定をして炊く。

4

炊き上がったら、軽く混ぜて蒸らす。好みで、焼いてほぐした鮭や軸みつばを混ぜ合わせたら出来上り。

ワンポイントアドバイス

塩鮭は最初から混ぜて炊飯するのもアリですが、焼いたものをほぐして炊き上がりに混ぜるほうが、素材の味がキリッとして美味しいです。
ちりめんじゃこを加えるときは最初から、米2合にじゃこ大さじ1、そこに日本酒を大さじ1を加えて炊いてください。
レシピ担当/五木のどか

豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。










最近チェックした商品