穀物を食卓の中心に。豆、雑穀、および穀物加工品の販売。
[ 最終更新日: 2018/07/09 ]

こんにちは  ゲストさん

西日本を中心とした大雨により、被害に遭われた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
大雨の影響により、一部地域では配送の遅れが発生する場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
ヤマト運輸オフィシャル日本郵便オフィシャル

 
|商品検索


|カート
カートの中を見る

北海道産大豆
大豆
青大豆
黒豆
丹波黒豆
小豆
金時豆
いんげん豆
花豆
えんどう
レンズ豆
在来種
ささげ
キドニービーンズ
ひよこ豆
黒目豆
緑豆
■ 今月・来月の休業日
赤字の日が休業日となります。
受注確認、商品発送、お問合せ対応はお休みさせて頂きます。




電話でのお問合せ
月曜〜金曜:11:00〜16:30
電話番号:022-385-7617


|メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら  
ホーム > 黒豆 > 黒豆と洋梨のマリネ
前置き

黒豆と洋梨のマリネ
---

オリジナルは金子ご夫妻のレシピです。それを自分流にアレンジしていたら、マリアージュな組み合せができました。はっきり言って「呑んべぇのための黒豆」だと思います。黒豆にしみた酸味と、玉ネギのシャキシャキとした食感がなかなかGoodです。ビネガーの作用で黒豆の黒が紫色っぽく変わるのも、舶来っぽい。ワインが止まらなくなります。ご用心を!

黒豆と洋梨のマリネ
材料(5〜6人分)
---
  • 黒大豆…1カップ
  • 塩…小さじ1/2+仕上げ用に小さじ1/4
  • ビネガー(お好みのもの)…大さじ1/2+仕上げ用に大さじ1/2
  • EVオリーブオイル…大さじ2+仕上げ用に大さじ1/2
  • 玉ネギ…1/4個
  • イタリアンパセリ…葉っぱを5枝分くらい
  • 洋梨…1個
  • 白ワイン…1カップ
  • 水…1カップ

作り方
---
1
手順1
黒豆と布で包んだ釘をたっぷりの水と一緒にボールに入れます。一晩から半日そのまま浸水させ豆が戻ったら、浸け汁ごと鍋に移して火にかけます。強火で沸騰させ灰汁が出てきたら掬い取り、火を弱火にします。
2
手順2
煮汁が減ってきたら差し湯(冷たいお水は避けましょう)をして、弱火のまま30分から40分ほど好みの硬さになるまで豆を茹でます※1。均等に茹で上がるように、落し蓋用シート(クッキングシート等で作った落し蓋)をするのがおすすめです。茹で上がったら火を止めて、ザルにあげます。
3
手順3
豆が冷めてしまわないうちに塩とビネガー※2を加えます。2〜3分おきに3回ほどざっくりと混ぜ合わせたら、オリーブオイルを加えて和えます。
4
手順4
粗熱が取れたら冷蔵庫に移し、一晩程度置いてなじませます。

5
手順5
白ワインと水(割合1:1)を温め、そこに皮を剥いて食べやすい大きさに切った洋ナシを浸します。浸け液が冷めたら、そのまま冷蔵庫へ移します。
6
手順6
4の黒豆を冷蔵庫から取り出し常温に戻しておきます※3。常温に戻している間に玉ねぎとイタリアンパセリをみじん切りにします。黒豆が常温に戻ったら、そこに仕上げ用の塩とビネガー、オイルを加え、さらに切っておいた玉ねぎとパセリを加えて混ぜ合わせます。
7
手順7
5の洋ナシと6の黒豆をお好みで合わせれば出来上がりです。

ワンポイントアドバイス
---
※1  柔らかめに仕上げると良いでしょう。茹でる時には皮が破れないよう注意しましょう。
※2  元祖のレシピでは「シェリービネガー」を使用しています(もちろん他のビネガーでも美味しく作れます)。
※3  冷蔵庫から出してすぐだと油が固まっていて上手く合わせられません。
五木のどか
















最近チェックした商品