手亡豆入りラタトゥイユ

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.1(2013年7月掲載)

はじめまして。京都在住、豆・豆料理探検家の 五木のどか です。縁あって7月から、すずやさんの豆レシピを担当させていただくことになりました。調理師、栄養士、料理研究家といった職業の諸先輩方を差しおいて、専門知識もないのに恐縮です。と、ことわり書きをしておいて・・・
豆が好きです。とっても。「豆を愛し、豆のことを学び、豆料理を広めることを喜びとします」と言い続けて早5年。これから週1回を目標に、豆なレシピをアップしていきます。よろしくおつき合いください。

スタートは、夏らしく「ラタトゥイユ」から。たくさんの夏野菜と共に、手亡豆(白いんげん)を使っています。それ以外の豆でもおいしく仕上りますよ。

材料(4人分)

大手亡 (乾燥約1/2カップ)
玉ネギ(くし形切り) 1玉
合挽肉 100g
ズッキーニ(5mm幅の輪切り) 1本
ナス(拍子木切り) 1本
ピーマン(1cm幅のタテ切り) 2個
トマト(ざく切り) 2個 ※缶詰のホールトマト1缶で代用可
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク(みじん切り) お好みで
小さじ1/2〜1
粗挽き黒コショウ お好みで
月桂樹 1枚
醤油 大さじ1
大さじ1

作り方

  • 1 手亡豆を水洗いし、たっぷりの水に浸して一晩(8時間以上)おく。そのまま中火にかけ、アクが浮いてきたらすくい取りながら、中弱火で20〜30分ゆでる。後から煮込むので、かた茹で可。
  • 2 鍋にニンニクとオリーブオイルを入れ、弱火で熱し、香りがしてきたら玉ネギを加えて炒める。挽き肉を加え5〜10分、肉に火が通るまで炒める。
  • 3 ズッキーニ、ナスを2の上に加え、さらにざく切りにしたトマトも水分まで残さず加える。トマト水煮缶で代用するときは、ホールのものを使い、手で握りつぶしながら加える。その上から大手亡を加える。
  • 4 塩、コショウをして月桂樹を入れ、蓋をしておよそ10分ほど煮込む。
  • 5 野菜に火が通ってきたら、かくし味に醤油と酒を加え軽く混ぜて、火が通りやすいピーマンを最後に加える。少し煮て味を確かめ、物足りないようであれば、塩、トマトケチャップを足す。

ワンポイントアドバイス

  • 好みで粉チーズをかけたり、バジルやイタリアンパセリを飾っても。
  • 手亡豆の代わりに、大福豆、白花豆、大豆、レッドキドニーなどでもOK。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    手亡豆入りラタトゥイユ

    8商品

    • < 前
    • 次 >
    8件 1-8表示
    • <
    • 1
    • >
    8件 1-8表示
    • < 前
    • 次 >

    営業日カレンダー

    2022年6月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    2022年7月
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31