青えんどうとクスクスのサラダ

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.50(2014年6月掲載)

友人から贈られた豆のピクルスと瓶詰めのマヨネーズ、とっても外国な味がして裏書きを見ると、その正体はディルでした。近所の手軽な食品スーパーでは見かけないディル、気の利いた食品館でようやく見つけることができました。豆とクスクスとディル、あちらの国々では日常の食べものなんでしょうね。

クスクスって汁ものや肉料理と合わせることが多いけど、夏場はさっぱり「サラダごはん」みたいに食べてもいいよね、と考えました。クスクスに青えんどうを合わせ、ペペロンチーニ味とディルで調味する、ちょっとやってみたかった組み合せ。豆ラボ女子会で、ポイントが高い一品になりそうです。

材料(約2人分)

青えんどう 茹で上がり1/2カップ
クスクス 1/2カップ
熱湯 1/2カップ
ディル お好みで2〜3枝
ベビーリーフや葉もの野菜 適量
ミニトマト 適量
オリーブオイル 大さじ1+仕上げに適量
粒ガーリック 適量
小さじ1/4〜
タカノツメ(輪切り) 適量
レモン お好みで

作り方

  • 1 青えんどうを水洗いし、たっぷりの水に浸して一晩〜半日ほどおいてもどす。
  • 2 もどした青えんどうを新しい水と共に中強火にかけ、煮立ったらゆでこぼし(ゆで汁を捨てる)する。再度水をたっぷり加えて中火にかけ、アクをすくい取りながら20分ほど煮る。
  • 3 その間にクスクスに熱湯をかけてもどす。クスクス:湯は1:1の量で蓋をして5〜7分ほどおく(商品により時間は異なるため、各々の表示に従う)。
  • 4 ベビーリーフ、ミニトマト、ディルを冷水に浸してパリッとさせておく。
  • 5 フライパンに粒ガーリックとタカノツメ、オリーブオイルを熱し、茹でた青えんどうをローストする。熱が通ったら、塩で味を調える。
  • 6 3のクスクスをざっくりと混ぜ合わせて5を加え、味をみて塩加減する。粗熱がとれたらディルを混ぜ、ベビーリーフやプチトマトと共に盛りつけて、仕上げにオリーブオイルを回しかける。好みでレモンを添えて。

ワンポイントアドバイス

  • 今回は青えんどうを合わせましたが、ひよこ豆の水煮や青大豆、緑豆などでもおいしくいただけます。フレッシュのエンドウ豆でもOK。
  • ディルの入手が困難なときは、ローズマリーやイタリアンパセリなどで代用可。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    青えんどうとクスクスのサラダ

    6商品

    • < 前
    • 次 >
    6件 1-6表示
    • <
    • 1
    • >
    6件 1-6表示
    • < 前
    • 次 >

    営業日カレンダー

    2022年1月
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    2022年2月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28