青えんどうとじゃがいもカレー

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.51(2014年6月掲載)

夏はやっぱりカレー。梅雨もカレーで、ジメジメ気分を吹き飛ばそうとカレーに。というか、土曜や日曜の夕飯はカレーがとっても似合う気がします。食卓に配膳をしながら「ちびまる子ちゃん」から「サザエさん」へ。「あぁ、明日からまた1週間が始まる〜」の心境は、カレーとセットだったりしませんか?

じっくり時間をかけて煮込むカレーもおいしいけれど、夏は暑いから火のそばにいる時間が短いほうがいいですね。夏のカレーはアジアン・テイストか、スープカレーで。青えんどうを水煮にしておけば、あとは挽き肉と玉ネギ、じゃがいもですから、素早く作れます。辛さは好みで調整してくださいね。

材料(2〜3人分)

青えんどう 1/2カップ(茹で上がり約1.5カップ)
青えんどうの煮汁 2カップ(分量まで水を加える)
挽き肉 100g
玉ネギ 大1個
じゃがいも 2個
生姜の千切り 薄切りで4〜5枚分
粒ガーリック 少々
オリーブオイル 少々
ブーケガルニ 1袋
カレーパウダー 15gほど
小さじ1〜
ナンプラー 小さじ2〜
ガラムマサラ 少々

作り方

  • 1 青えんどうを水洗いし、たっぷりの水に浸して一晩〜半日ほどおいてもどす。
  • 2 もどした青えんどうを新しい水と共に中強火にかけ、煮立ったらゆでこぼし(ゆで汁を捨てる)する。水をたっぷり加えて再度中火にかけ、アクをすくい取りながら20分ほど煮て火を止める。
  • 3 その間に玉ネギをみじん切り、じゃがいもはひと口大の乱切りに。
  • 4 鍋に粒ガーリックとオリーブオイルを入れて温め、玉ネギを炒める。火が通ったら、挽き肉と千切り生姜を加えて更に炒める。
  • 5 適度に火が通ったら、青えんどうの水煮、豆の煮汁+水を加え、中火で5分ほど煮る。温まったらブーケガルニを加えてあと5分煮る。
  • 6 いい感じに煮えてきたらジャガイモを加え10分ほど煮る。塩、カレーパウダー、ナンプラーを加えて混ぜ、少し煮て調味し、仕上げにガラムマサラをふって味を調える。

ワンポイントアドバイス

  • 出来立てのカレーは辛さが立っていますが、少しおくとジャガイモがとろけて丸みのある辛さに落ち着きます。
  • 雑穀入りのごはんやナン、チャパティなどとともに、盛りつけてください。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    青えんどうとじゃがいもカレー

    6商品

    • < 前
    • 次 >
    6件 1-6表示
    • <
    • 1
    • >
    6件 1-6表示
    • < 前
    • 次 >

    営業日カレンダー

    2022年6月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    2022年7月
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31