打ち豆

打ち豆

見た目も楽しい煎り豆です

打ち豆は生の大豆を潰して乾燥させたものです。福井県や新潟県、山形県など雪の多い日本海側で受け継がれてきた保存食で、冬の間の貴重な栄養源として昔から食べられてきました。

潰してあるので水の吸収が早く、乾燥豆のように一晩かけて水で戻しておく必要がありません。また潰れていることから加熱時間も短くて済む打ち豆は、「豆=時間がかかる」という固定観念を覆してくれます。

ほかの食材と一緒に煮たり、10分ほど茹でたものをサラダに加えるなど、色々な料理にお使いいただけます。地元では味噌汁の具やひじきなどの煮物に加えたり、なますなどの酢の物や炊き込みごはんに使われているそうです。

店長の一言

九州でも道の駅などで「押し大豆」という名前で売られているそうです。

打ち豆とひじきの煮物

打ち豆

4商品

  • < 前
  • 次 >
4件 1-4表示
  • <
  • 1
  • >
4件 1-4表示
  • < 前
  • 次 >