とうふ白玉入り緑豆ぜんざい

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.5(2013年8月掲載)

「緑豆」と書いて「りょくとう」と読みます。緑豆は小粒な豆で、小豆や白小豆くらいのサイズをしています。この豆が、モヤシの原料と知ったとき、モヤシに残った帽子を思い出しました。フムフム、な〜るほど、な感じです。この豆から、春雨も作られるのだそうです。さすればモヤシと春雨は、親戚なんですね。な〜んて脳天気な話も交えながら、これから一ヶ月、緑豆レシピにおつき合いください。

緑豆は温かい国の食べ物のイメージ。夏にほてった身体を冷ましてくれる豆だそうです。日本でも、7月に既に35℃を超えた地域がありましたね。京都の夏も、じっとり暑い。夏のおやつに、さっぱりとした甘さの「とうふ白玉入り緑豆ぜんざい」はいかがですか。

材料(4〜5人分)

緑豆 100g
グラニュー糖 120g
少々
2カップ
絹ごし豆腐 70g
寒晒粉 50g

作り方

  • 1 緑豆を丁寧に水洗いし、ザルにあげて再度水浸け。そのまま3〜4時間おく。
  • 2 鍋に1の緑豆と新しい水を入れて強火で熱し、沸騰したら5分ほど煮る。途中アクが浮いてきたら、すくい取る。
  • 3 湯を捨てて水洗いし、もう一度、水を入れて中火で熱すること20分。途中で、グラニュー糖を2〜3回に分けて加える。
  • 4 塩をひとつまみほど加え、甘さを立たせる。やや固い目で火を止め、蓋をして予熱で煮上げる。
  • 5 緑豆を水浸けしている間に白玉を作る。絹ごし豆腐を軽く水切りし、手でつぶしながら寒晒粉に加える。
  • 6 団子を作る要領で、絹ごし豆腐と粉を混ぜ合わせる。
  • 7 団子を丸め、おはじき型にして、真ん中をつぶす。100円玉くらいの大きさが目安。
  • 8 熱湯にとうふ白玉を入れ、浮いてきたら2分ほど茹でた後、水にとって粗熱をとる。その後、冷水で締める。
  • 9 とうふ白玉と緑豆ぜんざいを器に盛りつけて出来上り。

ワンポイントアドバイス

  • 緑豆は少しくらい煮くずれたものがあっても問題なし。トロミが出て、白玉とのからみが良くなります。
  • とうふ白玉は、精進料理家の藤井まり先生に習ったレシピです。水の代わりに豆腐を使うことで、時間がたっても固くなりにくく便利です。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    とうふ白玉入り緑豆ぜんざい

    6商品

    • < 前
    • 次 >
    6件 1-6表示
    • <
    • 1
    • >
    6件 1-6表示
    • < 前
    • 次 >