緑豆入りサラダごはん

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.9(2013年8月掲載)

緑豆の小粒感は、小豆と似ています。大きさも形もそっくり。豆のこと、何にも知らない頃に「緑色の小豆」と言われたら、信じてしまったかもしれません。緑豆の特徴は、身体の熱を冷ましてくれること以外に、口内炎にもいいという話を聞いたことがあります。利尿作用にすぐれ、漢方薬にも使われているそう。
夏イメージの緑豆、本当は、もやしや春雨で年中お世話になっているんですね。

玄米と小粒豆の組み合せをオリーブオイルで和える、これは豆ビギナーの頃にお世話になったK商店で教わった食べ方。ひよこ豆、あずき、グリーンスプリット、黒豆などで試したことはあったけど、緑豆でやるのは初めて o(^^)o
「せっかくだったら、ツナも入れてサラダごはんに‥‥」この思いつき、けっこうイケルと思います。お試しあれ。

材料(2〜3人分)

緑豆 大さじ3
玄米 1/2カップ
800ml
小さじ1/2を目安に調整
ツナ缶 小1缶(缶詰がノンオイルの場合、オリーブオイル…大1)
コショウ お好みで
レモン お好みで
レタスなど葉野菜 好みの量

作り方

  • 1 緑豆を丁寧に水洗いし、ザルにあげて再度水浸け。そのまま3〜4時間おく。
  • 2 鍋に1の緑豆と新しい水を入れて強火で熱し、沸騰したら5分ほど煮る。途中アクが浮いてきたら、すくい取る。
  • 3 湯を捨てて水洗いし、もう一度、水を入れて中火で熱すること20分。ザルにあげておく。
  • 4 水洗いした玄米を1時間ほど水浸けし、分量の水、塩と共に鍋に入れ、火にかける。沸騰したら中火にして30分ほど茹で、かたさを確認し、火を止める。
  • 5 4の玄米をザルにあげ、水切りして冷ます。
  • 6 ツナ缶と緑豆を茹で上がった玄米に混ぜる。缶詰がノンオイルの場合は、オリーブオイルを加えて混ぜる。味見して、塩・粗挽き黒コショウで調味。
  • 7 レタスやベビーリーフなど葉野菜を水洗いし、食べやすい大きさにちぎる。レモンを添えたりしてサラダのように盛りつけ、完成。

ワンポイントアドバイス

  • 玄米は柔らかくなり過ぎないように、時々かたさを確かめながら火加減、水加減、茹で時間を調整してください。
  • トマトをのせたり、ピーマンの輪切りを添えたり、サラダを盛りつけるようにアレンジして彩りよく。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    緑豆入りサラダごはん

    6商品

    • < 前
    • 次 >
    6件 1-6表示
    • <
    • 1
    • >
    6件 1-6表示
    • < 前
    • 次 >