青えんどうのコンフィチュール/クレープ添え

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.49(2014年6月掲載)

青えんどうとグリーンピースは同じ豆? 国産は青えんどうで、輸入物がグリーンピース? 生の豆で売っているのがグリーンピースで、乾物が青えんどう? 出典により諸説ありますが、緑色した乾燥ものの豆粒のことを青えんどうと呼ぶようです。「うぐいす餡の豆」でお馴染みの、あの豆で〜す♪

うぐいす餡のアンパンやお団子には、独特の青々しい風味がありますね。和でアンコとして出すと好まれない方もおられるので、グラニュー糖とシナモンで味をまとめました。茹でているうちに皮が外れてきたら(好みでもありますが)、私は積極的に取り除いて使っています。

材料(約4人分)

青えんどう 1/2カップ
グラニュー糖 大さじ3
シナモン 小さじ1/4(お好みで)
薄力粉 100g
グラニュー糖 大さじ1
牛乳 200〜220cc(量は生地の具合を見て調整)
1個

作り方

  • 1 青えんどうを水洗いし、たっぷりの水に浸して一晩〜半日ほどおいてもどす。
  • 2 もどした青えんどうを新しい水と共に中強火にかけ、煮立ったらゆでこぼし(ゆで汁を捨てる)する。再度水をたっぷり加えて中火にかけ、丁寧にアクをすくい取りながら30〜40分ほど煮る。
  • 3 湯が減ったら水を足しながら煮る。途中で、皮が外れて浮いてきたら取り除く。やわめに茹でて火を止め、最後にまとめて皮を取り去る。
  • 4 グラニュー糖とシナモンを混ぜ合わせ、2回に分けて鍋に加え、ゆるゆるアンコをつくる加減で火を止める。水分がかなり蒸発するので、火を止めるタイミングは汁がまだ残っているときに。
  • 5 クレープを焼く。薄力粉と砂糖を合わせてふるいにかけ、牛乳の半量と卵を加えて混ぜる。
  • 6 残りの牛乳を加え混ぜたら、フライパンで両面を焼く。中火で熱したフライパンにお玉1杯を1枚の感覚で焼き上げる。クレープが焼けたら青えんどうコンフィチュールと共に盛りつける。

ワンポイントアドバイス

  • コンフィチュールもあんこ同様、できた直後より少しおいて(半日〜1日)のほうが味が安定するようです。
  • クレープ焼き立てにはアツアツのままの青えんどうを、冷蔵庫で冷ましてからは冷たい青えんどうコンフィチュールを合わせてください。
  • シナモンが苦手な方用には、シナモンを入れずにグラニュー糖の量を少し多めにしてください。クレープ以外にトーストやアイスなどにも添えてください。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    青えんどうのコンフィチュール/クレープ添え

    6商品

    • < 前
    • 次 >
    6件 1-6表示
    • <
    • 1
    • >
    6件 1-6表示
    • < 前
    • 次 >

    営業日カレンダー

    2022年5月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    2022年6月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30