レッドキドニーのお気楽サラダ

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.13(2013年9月掲載)

空がとっても晴れてたら、何かいいことあったなら、豆のサラダが食べたくなる‥‥そんな日は、冷蔵庫をのぞいてみましょう。茹でた豆が少し残っていませんか?
サラダに豆が入ると、それだけでスイング気分に満たされます。スープでも煮ものでも「プラス豆少々」が、しあわせ気分を連れてきます。私はいつも「この次」のため、茹でた豆をすこ〜し残しておきます。常温に冷まして煮汁ごと冷蔵庫へ。3〜4日は大丈夫ですよ。

「お気楽」なのは、その日おうちにある材料と豆をどんなふうに組み合せてもOKだから。今回は蒸し煮にしたキャベツとベーコン、グレープフルーツを合わせました。豆のサラダって、豆だけを数種類混ぜたものが売られてたりしますが、豆だけを組み合わせるより、豆を野菜類、フルーツ類などと合わせたほうが、リズム感のあるサラダになると思います。「お気楽サラダ」、あなたもテキトーに、お気楽にどうぞ。

材料(2人分)

レッドキドニー 1/4カップ
キャベツ 4枚
1/2玉 1カップ
スライスベーコン 2枚
小さじ1/4〜適量
ビネガー 大さじ1/2〜適量
粗挽き黒コショウ お好みで

作り方

  • 1 レッドキドニーは水洗いして、たっぷりの水に浸し、半日ほどおいてもどしておく。
  • 2 豆がもどったら鍋に入れ、水煮にする。豆を水から入れて熱し、沸騰したら中弱火で30分前後。途中、アクが浮いてきたらすくいとる。豆の様子を見ながら、やわらかくなったら煮くずれする手前で火を止める。
  • 3 キャベツを水洗いし、食べやすい大きさに手でちぎる。グレープフルーツは皮をむき、食べやすい大きさにカットする。
  • 4 鍋にちぎったキャベツと水1/2カップほど(分量外)を入れ、蓋をして蒸し煮にする。2〜3分で火を止め、ザルにあげて水切りしておく。
  • 5 ベーコンは5mm幅にカットし、フライパンに入れてから弱火をつける。弱火でじっくり時間をかけてベーコンの脂をとかしながら、乾煎りしてカリカリベーコンにする。
  • 6 キャベツとベーコンをざっくり混ぜ合わせる。ベーコンから出た脂や塩分も味となるので捨てずに加える。
  • 7 キャベツが温かいうちに、塩とビネガーを味の具合を確かめながら加える。水切りしておいたレッドキドニー、グレープフルーツをざっくり混ぜ合わせたら器に盛りつけて完成。

ワンポイントアドバイス

  • レッドキドニー以外の豆で、青大豆、白いんげん、ひよこ豆などを合わせてもOK。
  • ベーコンを入れないときは、調味料を加える最後に、エキストラバージンのオリーブオイルを小さじ1〜2杯ほど回しかけ、軽く混ぜてください。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    レッドキドニーのお気楽サラダ

    6商品

    • < 前
    • 次 >
    6件 1-6表示
    • <
    • 1
    • >
    6件 1-6表示
    • < 前
    • 次 >

    営業日カレンダー

    2022年1月
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    2022年2月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28