赤えんどう入りヨーグルトケーキ

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.64(2014年9月掲載)

赤えんどうを使った食べ物と言われて、真っ先に私の頭に浮かぶのは京都・出町ふたばの「豆餅」です。うっすら塩味のお餅の中に赤えんどう豆がボコボコ入ってて、中のこし餡とのバランスで、餅も豆もあんこも美味しい「ふたば」の看板商品です。洋菓子でもそんなことができないかな、と思ってやってみました。市販のヨーグルトやミックス粉を使った、お手軽レシピです。

これまでの経験から、赤えんどう(豆類)は直接フライパンに接したり、オーブンの熱に当たったりしないほうが良いみたいです。直接、熱に接した箇所はカピカピに固くなります。ゆえに生地の中に混ぜて焼くヨーグルトケーキへの新規参入となりました。焼き立ての豆はホクホクしてます。常温に冷まして冷蔵庫に寝かせると、みつ豆の豆みたいな食感に。赤えんどうって温度の影響を受けやすい豆なんですね。

材料(4〜6人分)

赤えんどう 茹で上がり1/2カップ
プレーンヨーグルト 250g
ホットケーキミックス 70g
グラニュー糖 大さじ2(好みで加減)
1個
サラダ油 大さじ1と1/2

作り方

  • 1 赤えんどうを水洗いし、たっぷりの水に半日〜1晩浸してもどす。季節が過ぎてきたら、やや長めに水に浸してもどす。
  • 2 豆と水を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら茹で汁を捨てる。たっぷりの新しい水と豆を鍋に入れ、途中アク取りをしながら中弱火で30分〜1時間ほど煮る。新豆は30分ほどでOK。
  • 3 材料をそれぞれ計っておく。
  • 4 ボウルにヨーグルトを入れ、グラニュー糖を加え、ホットケーキミックスをふるいながら入れる。
  • 5 全卵をほぐして4のボウルに加え、サラダ油も加えて泡立て器で軽く混ぜ合わせる。
  • 6 茹でておいた赤えんどうを水切りして5に加え、さっくりと混ぜ合わせる。
  • 7 材料をケーキの焼き型(ここではテフロン加工の鍋使用)に入れる。薄く油を引いて粉を振るっておくと、型から出しやすいです。180℃に予熱しておいたオーブンで約40〜50分焼く。
  • 8 焼き上がりに竹串をさして、くっついてこなければOK。型から出して、網などにとって冷ます。適度に冷めたらカットして、好みのデコレーションを。

ワンポイントアドバイス

  • 赤えんどうの代わりに、やや甘めに煮た白小豆や小豆を入れても美味しいと思います。その際は、グラニュー糖の量を加減してください。
  • 赤えんどうは、塩茹でにしておいても美味しいと思います。さっぱりしたヨーグルトの風味と塩えんどうのバランスを楽しんでください。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    赤えんどう入りヨーグルトケーキ

    7商品

    • < 前
    • 次 >
    7件 1-7表示
    • <
    • 1
    • >
    7件 1-7表示
    • < 前
    • 次 >