ひよこ豆のキーマカレー

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.19(2013年11月掲載)

「ひよこ豆カレー」は、ふるさとで習いおぼえた王様レシピ。想いを寄せる男子に作ってあげたら、好感度140%の必勝料理かもしれません。玉ネギとニンニクを炒める甘く香ばしい洋食のにおい。作っている間中、そこここに幸せオーラがただよいます。いつもの「ひよこ豆水煮」を使って作る豆カレー。季節に関係なく、不意に食べたくなるカレーです。

ひよこ豆のホクホク感は、じゃがいもみたい。カレーとひよこ豆は、なんとも好相性な組み合せです。クミン、カルダモン、黒コショウ、クローブ、唐辛子、ターメリック、パプリカ‥‥、カレーの香辛料を揃えていくと、いつものカレールーで作るカレーとは、ひと味もふた味も違うおいしさに・・・・。次のお休みに、いかがですか。

材料(4人分)

ひよこ豆 1/2カップ
合挽肉 150g
玉ネギみじん切り 大1個(300g)
ニンニクみじん切り 1/4かけ
トマト缶(ホール) 2/3缶
バター 10g
サラダ油 大さじ3
ブイヨン 5g
クミン 小さじ1
カルダモン 3個
クローブ 3粒
唐辛子 1本
月桂樹 1枚
シナモンパウダー 小さじ1/2
コリアンダー 小さじ1/2
カレー粉 大さじ3
大さじ1
2カップ
ひよこ豆の煮汁 1カップ

作り方

  • 1 ひよこ豆は水洗いし、たっぷりの水に一晩〜半日浸けて戻す。
  • 2 豆と水を鍋に入れて火にかけ、沸騰してアクが浮いてきたらすくい取り、中火で30分ほど茹でる。煮汁も捨てずに残しておく。
  • 3 フライパンにバターを熱し、強火で合挽肉を炒める。クミンを加え、強火で更に1分ほど炒める。
  • 4 厚手の鍋にサラダ油を入れ、みじん切りにしておいた玉ネギとニンニク、カルダモン、クローブを炒める。弱火で焦がさないように時間をかけて、キツネ色になるまで炒めたら、トマト缶を加える。そのとき、ホールのトマトを手で握りつぶすようにして加える。
  • 5 4の鍋に3の挽き肉を加え、水とブイヨン、シナモンパウダー、コリアンダー、唐辛子、ローリエを加えて煮込む。沸騰したら、水煮にしておいたひよこ豆と煮汁を加えて更に20分ほど煮込む。
  • 6 5のクローブ、ローリエ、カルダモン、唐辛子を取り出し、カレー粉を加えてよく溶かし、とろみが出るくらいまで煮込む。最後に塩で味を調整し、焦げないように混ぜながら仕上げる。

ワンポイントアドバイス

  • 玉ネギを炒めるときも、カレールウを入れたあとも、焦がさないよう弱火にして鍋の様子を見ながらゆるく混ぜ続けましょう。
  • 香辛料をすべて揃えるのは大変なので、時に私は「S&Bのスリランカ風キーマカレー」のセットを使っています。失敗知らずのすぐれ物です。
  • 白ごはんの代わりに、雑穀ごはんを添えたら、よりヘルシーに(ここでは、赤米を混ぜました)。玄米ごはんや、チャパティ、ナン、ピタパンなどでも合います。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    ひよこ豆のキーマカレー

    8商品

    • < 前
    • 次 >
    8件 1-8表示
    • <
    • 1
    • >
    8件 1-8表示
    • < 前
    • 次 >

    営業日カレンダー

    2022年6月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    2022年7月
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31