黒千石

黒千石

栽培が途絶えた幻の大豆

黒千石は、北海道で昔から栽培されてきた小粒の黒豆です。一時は緑肥※大豆などとして優良品種にも指定されていましたが、手間がかかるなどの理由から70年代以降は栽培が途絶え、絶滅したと思われていました。

しかし、有志の方々の懸命の捜索により、平成13年に農業研究家の方が収集していた種の中から約50粒が発見され、そのうち28粒が発芽。岩手県で商業生産が可能な数まで増やされたのち、本格的に生産が再開されました。

※緑肥=栽培している植物を、収穫せずそのまま田畑にすきこみ、植物と土を一緒にして耕し、後から栽培する作物の肥料にすること。

黒千石

8商品

  • < 前
  • 次 >
8件 1-8表示
  • <
  • 1
  • >
8件 1-8表示
  • < 前
  • 次 >