黒豆生姜ごはん

豆・豆料理探検家の「豆なレシピ」 Vol.23(2013年12月掲載)

お正月の黒豆の気配が感じられる頃となりました。師走‥‥、一年でいちばんせわしなく、やり残しだらけが頭をよぎる日々。自分のことも、家族のことも、お世話になっている方々のことも、いろ〜んな方を想うからやり残しの山が増えていく。やり残しは、やさしい気持ちとウラオモテ。黒豆レシピのスタートは慌ただしい日々の隙間時間に、ひょいっとできるメニューです。

黒豆も大豆の仲間で、黒豆の黒はアントシアニンで、生姜は身体を温めてくれるから‥‥。おにぎりにして持たせると、忙しい時にも、ちょいと頬張り元気がもらえる黒豆生姜ごはん。炊けていく途中に、ほわ〜っと広がる黒豆醤油の香ばしいかおりが何とも言えません。

材料(3〜4人分)

黒豆 1/2カップ(いわいくろ黒豆を使いました)
うるち米 2合
炊飯器に合わせ、適量
醤油 小さじ1〜2
小さじ1/2〜1
針生姜 大さじ1

作り方

  • 1 お米をいつものように水洗いしてザルにあげ、30分以上おく。
  • 2 黒豆もやさしく水洗いし、フライパンで煎る。弱火で時々フライパンをゆすりながら、10〜15分ほどかけて丁寧に煎る。目安としては、黒豆の皮が割れて、中の豆に少し焦げ目がつくくらいで火を止める。
  • 3 生姜は針生姜に切っておく。
  • 4 いつも通りの分量の水とお米を炊飯器にかけ、煎った黒豆、塩、醤油を加える。お弁当などの時は、塩や醤油をやや多めに、食事としてほかのおかずと共にいただく時は薄味で。
  • 5 炊飯器の便利機能なども利用して黒豆ごはんを炊く。私は「炊き込み」モードで炊いています。
  • 6 炊き上がったら10分ほど蒸らし、針生姜をふっくらと混ぜ込んででき上り。

ワンポイントアドバイス

  • 生姜入りが苦手な方は、最後に混ぜる針生姜を省略してください。生姜なしでも充分おいしいです。
  • おにぎりにするときは、好みで梅干しを入れてください。登山などの時、夏場なども気持ちの上で安心です。
  • レシピ担当/五木のどか

    豆・豆料理探検家。豆・豆料理アドバイザー。福岡県生まれ、京都市在住。豆の生産者や料理人、飲食店、販売店を訪ね歩き、話しを聞くことを楽しみとする。「一豆三味」を提唱し、豆料理の楽しさを伝えている。「豆なブログ」執筆中。

    黒豆生姜ごはん

    29商品

    29件 1-12表示
    29件 1-12表示